金澤真一と ロス・アルコリコス
Shin-ichi Kanazawa y Los Alcohólicos フォルクローレコンサート !
〜ボリビア・チャランゴの巨匠  エルネスト・カブールに捧げる〜

スクリーンショット 2020-01-26 西暦2020年1月26日1.57スクリーンショット 2020-01-26 西暦2020年1月26日2.25
PDFチラシ


2020年3月21日(土) 11:30開場12:00開演 K・Dハポン
(JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分)
alcoholicos - 53
■入場料(当日払い) 1,500円+1ドリンク600円 (+希望者カレー付き予約可+700円)

■予約:カレー希望の有無を添えて、コメント欄にお名前記入ください!(当日わかればいいので、あだ名でも可) 各メンバーSNS等直接でもOKです。

曲目(予定)
父なる風Padre Viento
緑の大木 Leño Verde
君の影になりたいSere Tu Sombre  
風の詩Canto del Viento
カントゥータの伝説 Leyenda de la Kantuta
ぶどうのロザリオ Rosario de Uvas
ラ・ケーナ La Quena
椅子 La Silla
ほか y mucho más

金澤真一とロス・アルコリコス・自分で待望の初ライブ!
(文責リーダー金澤)

名古屋で活動中のフォルクローレ・グループの中から集まった5人組。
なかでもボリビア・チャランゴの巨匠、エルネスト・カブールに憧れ、憧れすぎてもう20年〜30年になる各メンバー、ついに我慢できずにカブールに捧げる一夜限りの(昼か)コンサートを開催することに決定!
夢はカブールになること!気合十分、練習だけでも楽しくてヨダレが出ています!
僕らの愛する音楽を聞いてください!

そしてグループ名の由来は、1996年、来日したロス・ビクーニャス(※)の名ギタリストで大師匠のフレディ・サントスから 「おまえはborracho(酔っ払い)っていうより、alcohólico(アルコオリコ=アルコール中毒)だ」 と言われたことによる。フレディ、ありがとう!その通りになったよ!酒は!教えてもらったギターはダメだったけど!

(※)ロス・ビクーニャス 僕らの師匠・サンポーニャ奏者故・川口尚之氏が、存命中ボリビアでルーチョ・カブール(エルネスト・カブールの実弟でボリビアを代表するケーナ奏者)、フレディ・サントス(カブールの伴奏で著名な名ギタリストにして金澤の心の大師匠)らと結成したグループ。来日時にリーダー金澤とさくまっち(でらえ〜んです)がサポート参加。

ナイスな会場は…やっぱり K・D ハポン (ケーディ・ハポン)
〒460-0012 名古屋市中区千代田5丁目12-7
PHS 070-5257-1324 TEL (052)251-0324
e-mail kdjapon@gmail.com
http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/
alcoholicos - 52
alcoholicos - 54


JR中央線高架下のナイスロケーションに出来たナイスなライブハウス。

元々アトリエだったこの場所はミドルネーム「空き地」からもわかるように、何でも出来る楽しいところ。音楽・ポエトリー・演劇・上映とイベントは様々。やさしい味のカレーをはじめとしたフードも魅力。今回も美味しいベジタブルカレー予約できますよ! 迷子になったら金澤かお店に電話してね♡