(文責:リーダー金澤)
alcoholicos - 7


スミエ・ヤマシータ
Sumie Yamashita(Charango)
from ボリビア小町

クールビューティな美貌と、ソリッドな音で人気のチャランゴ奏者。今回のライブの首謀者にして絶対女王。彼女が嫌と言えば嫌なのである。勢いでベンツだのヴィトンだの買っちゃうロッキンな浪費家でもある。リーダー金澤とは明確に距離を置いており、ステージでの立ち位置についてライブ本番中にも関わらず「ちょっとぉ、金澤さん近すぎる!」と叫んだ逸話を持つ。(逸話っちゅーか俺しか知らん話だ)


alcoholicos - 1
トモーヤ・江口
Eguchi Tomoya(Zampoña,Quena)
from でらえ〜んです

極太ケーナでルーチョ・カブールを目指す体育会系管楽器奏者。
サンポーニャも考えずにとにかく大きな音を狙う旧世代の星。
名字の漢字がカタカナの「エロ」に似てるというだけで「エロ」というあだ名をつけられたかわいそうな人。

リーダー金澤は、エロからすると学生時代からの1つ下の後輩だが、特に可愛がってたわけでもない。のに、既に30年来の付き合い。エロい人同士の結束は固い。


alcoholicos - 17alcoholicos - 15
アイ・”アモール”・ハブーカ 
Ai Habuka (Zampoña, Bombo)
from ボリビア小町

愛という名のもとに生まれ、 愛という名のもとに育ち、 今や変な笛にうつつを抜かす女戦士。
名大フォルクローレ関係のライブには必ず請われて出演する優勝請負人。
リーダー金澤の泡沫ブログ「ランラン日記王」のエリィート読者。
人がいいので皆に愛されている、確かに。
ただ本人が人間というものを愛しているかは、まだ今の自分にはわからない。


alcoholicos - 26alcoholicos - 25alcoholicos - 27alcoholicos - 28alcoholicos - 29
ケンジー・コバ・ヤシ
Kenji Kobayashi (Zampoña)
from Conjunto西三河

先日来日したフェルナンド・ヒメネスに昔から憧れ、とにかく機械のような速吹きを得意としたマシンガン・サンポーニャ奏者。情感は全く無いが「だがそれがいい」リーダー金澤の気まぐれな出演によく付き合わされるうえに、練習スタジオまで車で送迎させられているかわいそうな人その2。久々の本格ライブで相当燃えていて、どこでも練習を欠かさない。たとえばこんなところでも(写真)アレクサ、サンポーニャ吹いて!

alcoholicos - 39alcoholicos - 33alcoholicos - 35alcoholicos - 30
金澤 真一
Shin-ichi Kanazawa (Guitarra)

名古屋市生まれ。詩人。幼少より大便を我慢する性向が見られ、 これが晩年の開花へつながったと言われる。影響を受けたアーチストはドンキホーテ。 座右の銘は休憩。瞳の色は黒。(1971~本名同じ)